Category: Post:01/18/2021

 

音を聴く。

耳を澄ます。

そこに意識を集中する。

 

そうするとその中に無限の空間や静寂が広がっていることにはっと気づき

その美しさに感動します。

 

子供達の弾む声。

鳥たちの賑やかな声。

スッと吹く風の音。

ポロンとなにかの楽器のような水滴の音。

 

ピアノの音。

 

ピアノを弾くとき、思考は少し横において今の音に集中してみてください。

その音が身体に心地よく響いて流れまた新しい世界を感じることができると思います。

 

 

 

新しい年

Category: Post:01/15/2021

 

 

     

 

  美しい雲。

 

  2021年がはじまって15日が経ちました。

  毎瞬変わる空のように

  今この瞬間の音を感じ大切にしながら

  今年も音楽と生徒さんたちと

  素敵な時間を創っていきたいなと思います。

 

  本年もどうぞ宜しくお願いいたします。

 

 

アレクサンダー・テクニーク オンラインレッスン

Category: Post:04/24/2020

 

以前からとても大好きな本。

ピアニストのためのアレクサンダー・テクニーク。

この本の著者である森 朝先生のアレクサンダー・テクニーク

マスタークラスのオンラインレッスンを受けました。

当初は愛知でのレッスン受講予定でしたが、新型コロナウイルスの影響により

ドイツよりオンラインレッスンをして頂きました。

 

 

 

森先生の本はとても分かりやすく

実践する中で譜読みの段階から音が立体的に流れるようになったり

身体にピアノの音が共鳴するようになって

音楽が以前よりも美しいなと感じるようになりました。

 

今回のオンラインレッスンでは

指先から肩甲骨、鎖骨までの骨と関節の作りを実際に肌の上から触って確認し

骨を通して鍵盤からの支えを感じるということが感覚としてわかるように♪

 

骨の支えを感じると不思議。

次の音をもちろん選んではいけるのですが

音楽に導かれて音を繋いでゆけることに感動でした。

 

楽譜が作曲家がピアノが教えてくれる。

そのような感覚でしょうか。

 

とにかくレッスンはとても有意義な時間でした。

 

足りないものをつけ足していくのではなく

要らないものを削いでいく。

 

森先生に感謝と

身体、そして音楽に!

感謝です。

 

 

 

オンラインレッスンより 2

Category: Post:04/21/2020

 

中学2年生Iちゃんのオンラインレッスンスタートです♪

彼女が初めてうちにきたのは3歳になる前でした。

いろんな時を超えてもうすぐ11年という月日が流れようとしています。

弾き始める前の笑顔は随分とお姉さんになりましたがとても可愛い。

 

 

     

 

 

Iちゃんは音色を感じ音を選んで普段レッスンでピアノを弾いてくれます。

本人いわく、「うちのピアノではでけへんわ〜。笑」なのですが 

お家の電子ピアノでも表情のある演奏をしてくれました。

 

今回オンラインレッスンの発見のひとつとして

電子ピアノの性能の高さを感じられた。というのがあります。

グランドピアノやアップライトピアノの生の音と電子音というのは本質的に異なるので

表現できる音の違いはどうしてもありますが、

強弱の幅や明るい音、暗い音の違いも電子ピアノでしっかりと表現できていることがわかりすごいな〜と感じました。

 

 

また別の生徒さんですが

年月とともにペダルが効かなくなってしまった電子ピアノで練習していることを

通常レッスンの時にお聞きしていました。

オンラインレッスンで実際に音を聴いてみてそのピアノにあった練習法をお伝えすると

翌週の音の繋がりがとても滑らかに美しくなり同じ曲とは思えないほどでびっくりしました。

彼女は前よりも音が綺麗に流れるのが心地よいようでとても嬉しそうでした。

 

生徒さんたちの日常の練習に上達の鍵があると再認識です!

 

 

Iちゃんのお母さまに

「よくピアノを弾いてますよ〜!ピアノが好きで。」

「嫌なことがあったときなんかもピアノを弾いてますよ。」

と何度かお聞きしたことがあります。彼女の日常にピアノがあるということがとても嬉しいなと感じました。

 

その日常のピアノがより美しいものになるように♪

 

オンラインレッスンの新しい発見に感謝しながら 今、私にできることをやっていこうと思います。

 

 

 

 

オンラインレッスンより

Category: Post:04/19/2020

 

楽譜に一生懸命書込みをする年長さんのKちゃん♪

1回目のオンラインレッスンは少し戸惑いがある感じでしたが3回目にはこのとおり!

レッスンにも慣れしっかりと自分で気をつけるところに書込みをしてくれています。

 

 

    

 

ところどころお母さまにご協力頂くこともありますが

ほとんど自分ひとりでできてしまうKちゃんの自立心、たくましさをあらためて発見したような。

嬉しい気持ちでした。

 

この日は

「もう一個宿題だしていい〜?」

の私の言葉に

「うん、いいよ!」

と力強いKちゃん。

最後には「リズムもやりたかったなー。」のひと言が✨

 

これからも生徒さんの中にあるチカラ・可能性を信頼してやっていこう。

そう感じたレッスンでした。

 

 

オンラインレッスン♪

Category: Post:04/15/2020

先週よりオンライン・ビデオレッスンに切替えレッスンをしています。

初の試みにどこまでできるのかと思いスタートしましたが

各ご家庭のピアノの様子、日常ピアノを弾く際のイスの高さやピアノからの距離など

通常レッスンではわからないことを知ることができ驚きです。

 

宿題には生徒さん自身に日付けを書いてもらい

気をつけるところにはマルや書き込みをしてもらっていますが

1週間後のレッスンでは前回の課題を的確にクリアしている生徒さんが多く

自分で書くことでしっかりと意識に入ることと、自主性が育っているんだなと改めて感じました。

 

オンラインレッスンは可能性を開く鍵がたくさんです✨

 

また生徒さん、お父さんお母さんの元気なお顔を見れるのもとても嬉しいです。

 

今できることを大切にしていこう!

そんな気持ちでいっぱいです。

 

またレッスンの様子などもアップしていこうと思います♪

 

『譜読みって楽しい♪』

Category: Post:02/10/2020

View this post on Instagram

譜読みの時間を大切にしています。 拍子、フレーズ、ハーモニー。 音のないところで音楽を組み立てていく作業は自分の中で目の前の音楽の設計図をつくっていくような感じ。 イメージがはっきりしていればしているほどピアノを弾いた時にメロディはなめらかにそして立体的に流れていきます。 自分の中にあるものをピアノを通して聴き、音楽と心、身体が一体化するような感覚でしょうか。 譜読みをしたあとピアノを弾くと 音の響き、弾きやすさに 生徒さんたちも驚きと喜びの表情です♪ https://atelieryoko-piano.com/ #piano #pianolessons #music #classic #chopin #readingmusic #body #atelieryokopiano #ピアノ #ピアノ教室 #音楽 #クラッシック #譜読み #身体 #アトリエヨーコピアノ

A post shared by Atelier Yoko (@atelier.yoko) on

『空間を感じてみよう』

Category: Post:12/12/2019

View this post on Instagram

子供たちが楽譜そっちのけで 見つめている場所。 フェルトに包まれたハンマーが弦を打つ瞬間 音が響きます。 そう そこは音が出来る場所。 触感は指先を。 子供たちが気になって仕方のない この場所には 耳を澄ませてみてください。 音が響く空間が ぐーんと広がることを 感じることができますよ♪ #piano #pianolessons #music #bodymapping #spacemapping #atelieryokopiano #ピアノ #ピアノ教室 #音楽 #ボディマッピング #空間マッピング #アトリエヨーコピアノ

A post shared by Atelier Yoko (@atelier.yoko) on

『腕の重さを指先にのせて弾いてみよう♪』

Category: Post:11/21/2019

風が冷たくなりようやく冬を感じるようになってきました。

空気は澄んで空は青く美しい。

 

本日は腕の重さを指先にのせて重心移動をする弾き方について♪

 

まず、ピアノという楽器の構造についてすこしふれておきます。

ギターやヴァイオリンなどは弦楽器ということをご存知の方はたくさんいらっしゃると思いますが

ピアノにも弦が張られています。

楽器が大きいので指や弓で直接弦に触れて弾くことはできませんが、指の代わりにフェルトで包まれたハンマーが弦に触れる仕組みになっています。

鍵盤を押すとハンマーが上がりハンマーが弦を鳴らす。

それは触れるという感じではなくてどちらかというとたたくに近い感じでしょうか。

そう、ピアノは打弦楽器。

 

なので、意識をして音が繋がっていくように弾かないと いち音ずつ独立してしまいピアノが歌わなくなります。

 

ではここで腕の重さを指先にのせて弾いてみたいと思います。

 

動画の生徒さんは小学1年生。

うちに来られるようになりもうすぐ2年半です。

可愛らしい指も少しずつ力がついてきたので、まだ手がペタンとなったりぎこちなさもありますが

腕、手首を意識し指先への重心移動を取り入れ始めました。

 

 

指で弾いた場合。↓

 

 

腕 手首を使いながら腕の重さを指先にのせ、重心移動をしながらピアノを弾いてもらうと。↓

 

 

音がなめらかに繋がっていますね。

ピアノが歌い始めました♪

この弾き方はショパンなどロマン派の作曲家を弾く際にとても有効で

慣れてくると音がコロコロと繋がって自然な流れを感じながら弾けるようになってきます。

 

彼女自身、動画を見ると違いがよくわかり意識をして弾けるようになってきました✨

 

同じピアノを弾くなら 楽にそして美しく!

音も流れも身体も。

あらゆるところに意識をもってひとりひとりがピアノを弾けるようになればいいなと思います。

 

 

 

『シンプル イズ ベスト』

Category: Post:11/20/2019

View this post on Instagram

ポイントになる関節を意識しながらピアノの前に座って〜 そうそう AO関節と股関節は一直線やったな なんか足に力がはいってる… 腕がだるくなってきたということは 腕の付け根に意識やな 手はもともとアーチ型やから広げんでいいんや〜 ピアノを弾きながらあれこれと身体に意識を持っていくと不思議。 あれっ 息が深く入る こんなテンポで弾けたことなかったな〜✨ 指先の感覚がよくわかる ここの響き こんな綺麗やってんな♪ あーピアノ弾くって楽しい〜❤️ と今朝もなったので これをまた生徒さんにお伝えしていこうと思います。 身体がシンプルであるということは 五感もよりシンプルになり澄まされていくということ。 シンプル イズ ベスト。 https://atelieryoko-piano.com/ #piano #pianolessons #bodymapping #music #classic #simple #ピアノ #ピアノ教室 #ボディマッピング #音楽 #クラッシック #音楽家の身体の使い方 #シンプル

A post shared by Atelier Yoko (@atelier.yoko) on